やねっとのスタッフブログ
やねっとのスタッフブログ

2017年08月09日

屋根と室温の関係 雨漏り修理 雨漏り補修 屋根修理 【広島県・山口県】

以前、屋根も色々・・と言いましたが、

屋根材には、瓦以外にも、色々な種類の屋根があります。

実はその屋根材の違いで、室内の温度が違ってくるのです。

 

①金属屋根、②瓦、③化粧スレート(カラーベスト等)

 

e57ebe21e8faa6345d973f29bbc4158b-300x225[1]

①金属屋根

 

 

和瓦

②瓦

 

 

20161226115620-2

③化粧スレート(カラーベスト等)

 

 

どれも夏の強い日差しを受け表面温度は70~80℃に上昇します。

一番温度が上昇するのはどの屋根だと思いますか?

 

実は、屋根の表面温度は3種類ともそんなに大きくは変わりません。

 

では、屋根の野地板(瓦の下の下地の板)の温度はどれくらい違うと思いますか。

正解は、、

①70℃ ②45℃ ③70℃

断然、瓦の方が低いんです。

ちょっと意外ではないですか?

 

どうしてこんなに違うのでしょうか。

それは屋根材そのものの厚みの差もありますが、

 

一番の要因は空気層の有無なのです!

 

屋根材が重なる部分をみてみると、

野地板と瓦のあいだには、

桟木と瓦の厚み分のすき間(空気層)があります。

瓦の空気層

★瓦と野地板の間に隙間があります。

 

 

 

その他の屋根は野地板とのすき間の空気層がないので、

屋根材の温度が野地板に伝わってしまいます。

sure-to

 

 

 

 

 

 

 

★カラーベストと野地板の間に隙間がありません。

 

 

 

だから、こんなに野地板の温度差がでるのです。

野地板の温度が上がれば、屋根裏の温度も当然あがります。

断熱材があるとは言え、室内温度も上がるのです。

 

カラーベストに比べると金属屋根(ガルバリウム鋼板)は、

鋼板と野地板の間に断熱材やアルミシートが入ってますので

厳密にはカラーベストよりは少し室内温度は下がります。

 

 

しかし瓦のように空気の通る隙間がある作りではないので

やはり瓦よりは室内温度は高めです。

 

 

屋根材にはそれぞれ、利点、欠点があります。

それぞれのお家にあった屋根材を選んで施工してあるはずです。

 

うちってなぜこの屋根材??という疑問があればお声かけください。

もし、他の屋根に変えてみたいと思われたら、

まずはご相談だけでも、お気軽にどうぞ。

 

※広島市、廿日市市、福山~山口までの雨樋補修・雨漏り修理などはやねっとにお任せください!

8426167e536ec96e143cb0c91eed5a5e[1]

『広島・山口の屋根を守る屋根修理の匠』

■■■■■やねっと■■■■■

加藤

広島本社

〒738-0843

広島市西区鈴が台2丁目18ー101

福山営業所

〒720-0824

福山市多治米町2丁目23-6

山口営業所

〒742-1352

山口県柳井市伊保庄670-6

フリーダイヤル 0120-88-0874

 

 

お問合せはこちらから

受付時間:24時間【年中無休】

フリーダイヤル 0120-88-0874

Call:0120-88-0874

メールでのお問い合せはこちら

※やねっとはゆめポイント加盟店です、ゆめタウンでのお買い物と同等のポイントが積立されます。

雨もりすぐ対応します

社員写真

お気軽にご相談ください
担当:加藤(かとう)

■対応可能エリア
広島市(中区・西区・南区・東区・安佐南区・安佐北区・佐伯区)・呉市・江田島市・東広島市・廿日市市・大竹市・安芸郡(海田町・熊野町・府中町)・竹原市・三原市・安芸高田市・安芸太田町・北広島町・尾道市・福山市・三次市・世羅町・庄原市・府中市etc….

Call:0120-88-0874