やねっとのスタッフブログ
やねっとのスタッフブログ

2017年10月13日

秋雨前線の頃に気付く事 雨漏り修理 雨樋補修 屋根補修 【広島県全域】

 気にして見る事のない、雨樋ですが、

雨の日、雨樋は結構いい仕事してますよ(笑)

 

秋雨前線はまとまった大雨になる事が多いようです。

こういう時、雨樋から(軒から)滝のように水があふれて

落ちてきたりしていませんか。

雨樋のオーバーフローです。

ボタボタと大きな滴が絶え間なく落ちるとか。

toi

どこか破損箇所があるのかもしれませんね。

 

雨樋は屋根に落ちてきた雨を集めて地面や下水に流し、

『家が濡れる、汚れる、傷む、のを防ぐ大切な役割』をしています。

つまり、家の長持ちさせるための、結構大事な仕事をしているのです。

 

雨樋がオーバーフローする原因は、枯れ葉やゴミが樋に溜まっている事が多いです。

10年、雨樋の掃除をしていないと、

枯れ葉はもちろんのこと、土もたまります。

DSCN0243

こんな風に

樋から草が生える事も珍しくありません。

f22a23babac1459cc42bf19decaa1314

 

雨樋は過酷な自然環境により、

劣化、割れ、破損などを起こします。

また地震や台風で樋がズレていたり、水を流す勾配がとれていなかったりもします。

 

これでは雨樋は本来のチカラを発揮できません。

屋根・壁だけでなく、

雨樋も、掃除やメンテナンスをお忘れなく。

 

さて、その雨樋ですが、丸型、角型が主です。

形状を工夫したオーバフローしにくいもの、

外観デザインにあわせたスッキリなじむデザインのものもあります。

DSCN5414

雨樋の素材も色々。

樹脂、鋼板、銅、ステンレス、アルミのほか、

樹脂にスチール芯をいれて一体化したもの、

特殊樹脂を配合したり、被覆したタイプなど、

耐久性や強度を高めたものもあります。

 

●炎天下でも伸縮・変形が少ない

●積雪やたまった土砂の重みによるわたみに強い

●紫外線による色あせや衝撃で割れにくい

●塩害を防ぐ耐錆性のある素材

などと、どんどんと進化しています。

 

さらに、これからの枯れ葉の時期、

樋に枯れ葉

落ち葉が雨樋にたまり、雨が降ると、

枯れ葉は塊となってしまい、

雨樋が詰まる原因になりますよね。

 

やねっとでは、雨樋の掃除はもちろん、

枯れ葉が雨樋に溜まるのを防ぐ、

『雨樋カバー』の施工もしておりますので

樋カバー

気になられる方はフリーダイヤル、メールで

お気軽に問い合わせてみてください。

 

こんなちょっとした事が、

家をいつまでも長持ちするさせる事になりますよ。

 

フリーダイヤル 0120-88-0874

8426167e536ec96e143cb0c91eed5a5e[1]

『広島・山口の屋根を守る屋根修理の匠』

■■■■■やねっと■■■■■

加藤

広島本社

〒738-0843

広島市西区鈴が台2丁目18ー101

福山営業所

〒720-0824

福山市多治米町2丁目23-6

山口営業所

〒742-1352

山口県柳井市伊保庄670-6

フリーダイヤル 0120-88-0874

 

 

 

 

お問合せはこちらから

受付時間:24時間【年中無休】

フリーダイヤル 0120-88-0874

Call:0120-88-0874

メールでのお問い合せはこちら

※やねっとはゆめポイント加盟店です、ゆめタウンでのお買い物と同等のポイントが積立されます。

雨もりすぐ対応します

社員写真

お気軽にご相談ください
担当:加藤(かとう)

■対応可能エリア
広島市(中区・西区・南区・東区・安佐南区・安佐北区・佐伯区)・呉市・江田島市・東広島市・廿日市市・大竹市・安芸郡(海田町・熊野町・府中町)・竹原市・三原市・安芸高田市・安芸太田町・北広島町・尾道市・福山市・三次市・世羅町・庄原市・府中市etc….

Call:0120-88-0874