やねっとのスタッフブログ
やねっとのスタッフブログ

2019年06月19日

なぜ地震で屋根がくずれるのか【広島 福山 屋根 災害対策 】

新潟の地震で被災された方々、

またご友人やご親族が被災地におられる方々、

ご心労の事と思います。一日も早く、元の生活に戻れる事をお祈りします。

 

大きく揺れ、落石や崖くずれなどが発生し、

家屋も多く被害がでているのに、

下敷きになったり、落下物等で命を落とされる方がおられなかったのは

不幸中の幸いでした。

 

朝早く、屋根の上でシートかけ作業する方の姿や、

年輩の方が落ちた瓦を運びだす映像を目にして、

安心して過ごせる家の大切さを改めて感じたところです。

雨も降っているようですし、さらに心配です。

 

地震の度に、崩れた瓦屋根の映像を目にして

地震屋根崩れ

瓦は地震に弱いとイメージされがちですが、

瓦屋根=地震に弱い というわけではありません。

 

瓦屋根は他の素材と比べ、長持ちするため、

以前の工法で施工された屋根がまだまだ残っています。

以前は、土葺き、釘打ち無しの工法で施工されていたため、

大きな揺れがあると、ずれて、崩れ落ちてしまいます。

 

今は防災瓦を使用することが多く、同じ場所であっても、

被害の大きさに差が見られます。

 違い工法

防災瓦は桟木に釘止めし、さらに、瓦同志がかみ合い、ロックされた状態で施工されます。

bousai

屋根一番上の部分の棟も棟の芯材を入れ、ネジでしっかりと固定しますの。

耐震性が高くなっています。

 

屋根の重量も、瓦は重いというイメージがありますが、

以前の土葺き工法と比べると、土を使用しない分、半分程度の重さになるのです。

 

もちろん他の屋根材に比べれは重いのは事実ですが、

耐久性や快適性が高いのは魅力です。

 

防災瓦へ葺替となると、少し工事金額は大きくなりますが、

最近頻繁に起こる地震、台風、大雨等の自然災害を、

起こり得る身近な事、として備えておく必要性が

以前より高まっているのかもしれません。

 

また、防災グッズや、備蓄も

グッズ防災

広島は大丈夫、万が一、ではなく、

いつでも起こり得る事として準備しておかないと、

と、あらためて思います。

 

8426167e536ec96e143cb0c91eed5a5e[1]

『広島の屋根を守る屋根修理の匠』

■■■■■やねっと■■■■■

加藤

広島本社

〒738-0843

広島市西区鈴が台2丁目18ー101

福山営業所

〒720-0824

福山市多治米町2丁目23-6

山口営業所

〒744-0028

山口県下松市藤光町1丁目7-20

 

 

 

お問合せはこちらから

受付時間:24時間【年中無休】

フリーダイヤル 0120-88-0874

メールでのお問い合せはこちら

※やねっとはゆめポイント加盟店です、ゆめタウンでのお買い物と同等のポイントが積立されます。

雨もりすぐ対応します

社員写真

お気軽にご相談ください
担当:加藤(かとう)

お問合せはこちらから
お気軽にご相談ください
Call:0120-88-0874
担当:加藤(かとう)
受付時間:24時間【年中無休】
■対応可能エリア
広島市(中区・西区・南区・東区・安佐南区・安佐北区・佐伯区)・呉市・江田島市・東広島市・廿日市市・大竹市・安芸郡(海田町・熊野町・府中町)・竹原市・三原市・安芸高田市・安芸太田町・北広島町・尾道市・福山市・三次市・世羅町・庄原市・府中市etc….

Call:0120-88-0874