やねっとのスタッフブログ

2022年10月26日

「寒い」と予想される冬が到来する前に

みなさんこんにちは。

屋根修理の匠、やねっとの加藤です。

秋が深まり、日に日に朝晩の寒さが身に沁みるようになってきました。

そろそろ冬支度も考える時期ですが、みなさんの家の雪対策は大丈夫ですか?

この冬の天候の予想とともに、対策を考えてみました。

 

 

 

①この冬は「平年並み」か「寒い」と予想

②屋根に雪が積もる地域では落雪被害に注意

③雪止めが事故や被害を未然に防ぐ

24488838_s

 

 

 

①この冬は「平年並み」か「寒い」と予想

24951199_s

気象庁の発表によると、今年の冬(12月〜2月)の平均気温は、

「平年並み」と「低い」の確率が合わせて80%。

暖冬続きだった近年よりも、厳しい冬になりそうです。

屋根の冬対策といえば雪ですね。

特に山間部にお住まいの方は、早めに屋根の雪対策をしておいた方がいいでしょう。

 

 

 

②屋根に雪が積もる地域では落雪被害に注意

4504903_s

積雪の被害の中でも特に注意したい、また最もよく見られるものが

落雪による被害です。

特に三角屋根や勾配が急な屋根は要注意。

屋根に降り積もった雪は、時間が経つにつれて重さを増していきます。

屋根に新雪が1cm積もれば、1平方メートルあたり約3kgの負荷。

積雪が続いて重量が増えれば、雪の負荷は1平方メートルあたり約5kgに増加します。

積もって硬くなった雪が勢いをつけて落ちた場合、

人や物に当たれば大きな被害が出ます。

雨樋破損の原因にもなります。

屋根に降雪がある地域では、落雪対策が必須なのです。

 

 

③雪止めが事故や被害を未然に防ぐ

24488838_s

やねっとが落雪対策にお薦めしているのが「雪止め」です。

「雪止め」とは、屋根に積もった雪がすべり落ちないようにするための部材。

豪雪地域では、雪下ろしが必須ですので、雪止めをつけておくと邪魔になりますが、

それ以外の地域では、落雪を防ぐためにも設置しておくとよいでしょう。

雪止めを設置していない屋根にも、後付けすることができます。

雪止めには、トタン屋根用、スレート屋根用、瓦用やネット型などのタイプがあります。

屋根のタイプにより予算なども変わりますので、まずはご相談ください。

寒さが本格的になる前の今、ご検討ください。

 

 

 

 

新ロゴPNG

『広島の屋根を守る屋根修理の匠』
■■■■■株式会社やねっと■■■■■
加藤
広島本社
〒738-0843
広島市西区鈴が台2丁目18ー101
福山営業所
〒720-0824
福山市多治米町2丁目23-6

 

お問合せはこちらから

受付時間:24時間【年中無休】

フリーダイヤル 0120-88-0874

メールでのお問い合せはこちら

※やねっとはゆめポイント加盟店です、ゆめタウンでのお買い物と同等のポイントが積立されます。

雨もりすぐ対応します

社員写真

お気軽にご相談ください
担当:加藤(かとう)

お問合せはこちらから
お気軽にご相談ください
Call:0120-88-0874
担当:加藤(かとう)
受付時間:24時間【年中無休】
■対応可能エリア
広島市(中区・西区・南区・東区・安佐南区・安佐北区・佐伯区・安芸区)・呉市・江田島市・東広島市・廿日市市・大竹市・安芸郡(海田町・熊野町・府中町)・竹原市・三原市・安芸高田市・安芸太田町・北広島町・尾道市・福山市・三次市・世羅町・庄原市・府中市etc….

Call:0120-88-0874