やねっとのスタッフブログ

2021年12月03日

冬将軍が来る前に〜必要?不要? 屋根の雪止め〜

目次

①屋根に与える雪のダメージはどれくらい?
②積雪の負荷を軽減するには
③雪止めが必要な地域は
④こんな条件の家は要注意

 

 

みなさんこんにちは。

「屋根修理の匠」やねっとの加藤です。

いよいよ12月。広島県の山間部では初雪の便りが聞こえてきました。

車のタイヤ交換は、週末はどこも予約でいっぱいですね。

早めの準備が大切だと、皆さんよくご存知です。

車の冬対策はバッチリでも、お家の屋根はどうでしょうか?

「最近は暖冬だから」と思っていても、一度の積雪で大きなダメージを受けることがあります。

転ばぬ先の杖、積もらぬ先の雪対策ということで、大切な住まいを守りましょう。

また、屋根からの落雪が、隣家の物を壊したり、通行人を負傷させたりすることも。

雪止めは、屋根を守ると同時に、近隣対策にも役立ちます。

 

 

 

1693567_s

①屋根に与える雪のダメージはどれくらい?

建築基準法では1平方メートルに1センチの積雪で重量は約2kg。

30センチの積雪で約61kgとされています。

100平方メートルの屋根に30センチの雪が積もると、6トンもの負荷がかかることになります。

中でも軒は外壁の支えがなく、壊れやすい部分です。

 

4923526_s

②積雪の負荷を軽減するには

屋根の積雪対策として一般的なものに「雪止め瓦」や「雪止め金具」があります。

最近の暖冬傾向を受け、設置している家が減ってきていますが、豪雪地帯の家や急勾配の屋根の家などでは必須の対策です。

雪止め瓦は、瓦そのものが雪止めの形状になっているもの。

屋根の色や形状にマッチした、景観を損なわない雪止めです。

雪止め金具は、屋根にステンレス製の金具を設置するもの。

さまざまなタイプの屋根に設置可能で、種類も豊富な雪止めです。

 

 

③雪止めが必要な地域は

雪止めが必要なのは豪雪地帯? 

いいえ、豪雪地帯では雪下ろしの際に雪止めが邪魔になります。

また、雪の重みで金具が曲がってしまうこともあります。

雪止めが最も有効なのは、豪雪地帯ではないが年に1〜2度は積雪がある、といった地域なのです。

 

 

22891245_s

④こんな条件の家は要注意

特に注意が必要なのは、以下のような家にお住まいの方です。

・軒先の下にカーポートや、通路、樹木がある

雪の重みでカーポートの屋根が壊れたり、木が折れたりします。雪の塊が通行人に落ちると大変危険です。

・隣家の土地が近い

こちらの敷地に樹木やフェンスがあったとしても、屋根の雪が滑り落ちていった場合、トラブルになることがあります。

 

 

雨どいも、雪の重みで壊れやすい部材です。雪止めを設置することは、雨どいを守ることにもつながります。

特に今冬は寒波の到来が懸念されています。

気になった方は、お気軽にご相談ください。

 

 

8426167e536ec96e143cb0c91eed5a5e1

 

『広島の屋根を守る屋根修理の匠』
■■■■■株式会社やねっと■■■■■
加藤
広島本社
〒738-0843
広島市西区鈴が台2丁目18ー101
福山営業所
〒720-0824
福山市多治米町2丁目23-6

お問合せはこちらから

受付時間:24時間【年中無休】

フリーダイヤル 0120-88-0874

メールでのお問い合せはこちら

※やねっとはゆめポイント加盟店です、ゆめタウンでのお買い物と同等のポイントが積立されます。

雨もりすぐ対応します

社員写真

お気軽にご相談ください
担当:加藤(かとう)

お問合せはこちらから
お気軽にご相談ください
Call:0120-88-0874
担当:加藤(かとう)
受付時間:24時間【年中無休】
■対応可能エリア
広島市(中区・西区・南区・東区・安佐南区・安佐北区・佐伯区・安芸区)・呉市・江田島市・東広島市・廿日市市・大竹市・安芸郡(海田町・熊野町・府中町)・竹原市・三原市・安芸高田市・安芸太田町・北広島町・尾道市・福山市・三次市・世羅町・庄原市・府中市etc….

Call:0120-88-0874